SDガンダムGジェネRE 一年戦争戦略情報室

【SDガンダムGジェネRE 攻略】プレイ情報と戦略。一年戦争 有事 ピックアップ、リリースなど紹介

star 人気RSS

【SDガンダムG攻略】 ミライ・ヤシマ +プレイ動画16 20171128

time 2017/11/29

【SDガンダムG攻略】  ミライ・ヤシマ +プレイ動画16 20171128

sponsored link

ミライ・ヤシマ

一年戦争と機動戦士ガンダムのキャラクター。
戦場の中で、少女から大人の女性へ、
軍人から母となる数奇な運命。

更に映画「逆襲のシャア 」の中で
息子のハサウェイを失うなど、時代に
翻弄された女性と印象が一つ。

エリートでありながら前に出るタイプではなく
母親の優しっと凛とした女性の厳しさも乗艦した時、
若い頃から持ち合わせていたミライ。

ニュータイプ魔眼とでもいうべき人を見る目を持っている
政治家や教師といったリーダーの素質を垣間魅せる時もあった。


CV:白石冬美

( しらいし ふゆみ )


出身地:中国・北京
誕生日:10月14日
血液型:A型
身長 :155cm
職業 :女優、声優、ラジオパーソナリティ
事務所:賢プロダクション
婚姻歴:


キャラの印象は、役者で決まる。
声優がアテレコしているのではなく
技量を身に着けている役者が声を当てると
深く心に刺さる印象が、刻まれる。

白石さんは、そんな役者の一人。


『THE ORIGIN』藤村 歩

( ふじむら あゆみ )


出身地:東京都
誕生日:9月3日
血液型:A型
身長 :157 cm
職業 :声優
事務所:賢プロダクション


声優歴10年以上の中堅声優。
良い先達に恵まれ気持ちのいい演技をされる声優。
ミライ・ヤシマの声も違和感はなかった。

『あさっての方向。(五百川からだ)』役をはじめ、
『夏目友人帳(夏目貴志〈少年時代〉)』役や
『ぽてまよ(蜂谷美美)』役が感動につながった。


スキルと特徴

艦長適正もパイロット適正もなく
一般人の扱いなのが悲しい。
ブライトの代わりに、指揮執ったことがある
副官の適性があるはずなのです。

物語の経歴によれば、操舵手としての
スキル適性が成長するようです。


売却価格: 310


スキル

スキル名称解説最大Lv
スキル1ホワイトベース操舵手 戦艦の回避率+6(12)%
※「ホワイトベース」のクルー時に発動
5
スキル2操舵/宇宙戦回避率+3(5)%
クリティカル発生を5(7)%の確率で無効化
※クルー時に戦艦に対して発動 宇宙で発動
1
スキル3操舵/射撃使用属性「射撃」からの攻撃時
回避率+3(5)%
クリティカル発生を10(12)%の確率で無効化
※クルー時に戦艦に対して発動
5
スキル4補佐/防御艦長の防御25(35)%上昇
※クルー時に発動
10
スキル5操舵/覚醒使用属性「格闘覚醒、射撃覚醒、特殊覚醒」からの攻撃時
回避率+3(5)%
クリティカル発生を10(12)%の確率で無効化
※クルー時に戦艦に対して発動
5


パラメータ

レベル 格闘射撃防御格闘命中射撃命中回避覚醒パイロット適正艦長最大
レベル1 172312515170××
レベル15 2237 17 718 210×
レベル300×
最大11745173941350


ゲーム内に記載されているプロフィール
連邦政府元高官の父を持つ名門「ヤシマ家」の令嬢で、父の死後移住したサイド7でジオン軍の襲撃に遭い、避難民として連邦軍の戦艦ホワイトベースに乗り込んだ際、クルーザー級スペースグライダーのライセンスを持っていた為に自ら艦の操舵を志願し、以後ホワイトベース隊のクルーとして操舵手を担当した少女である。穏やかで包容力のある人柄と、よく気が付く家庭的な温かさを持った女性であり、クルー達からも「ホワイトベースのおふくろさん」と称され、慕われていた。また、優れた洞察力によって幾度となくホワイトベースの危機を回避しており、ニュータイプ的な感覚の片鱗を垣間見せる事も少なくなかった。



参考サイト
ミライ・ヤシマ – Wikipedia
白石冬美 – Wikipedia
藤村歩 – Wikipedia
ミライ・ヤシマ – GジェネレーションRE (ジージェネ アールイー)攻略まとめwiki
ミライ・ヤシマとは – はてなキーワード

star 人気RSS

sponsored link

down

コメントする




Optionally add an image (JPEG only)

Smart-C/nend

ios対応

Android対応



ランダム ゲームタイトル集結!!

Zucks Ad Network

カテゴリー

アーカイブ

アクセスランキング

ネットゲーム



公式ツイッター